Specific insurance food

トクホって何の事か

トクホって何なのでしょうか。 一言でいうと、お上(消費者庁長官)お墨付きの「保健の効果を表示することのできる食品」です。 保険の効果というのは、人間の体の生理学的機能などに影響を与える成分を含んでいる、ということです。 この場合は、当然ですが、「高血圧気味の人の血圧を下げる」「血中のコレステロールを正常に保つ」など、基本的には体に良い影響を与える成分になります。 トクホのマークのついている食品は、特定の保健の効果が科学的に証明されており、国にきちんと科学的根拠を示して、有効性・安全性のチェックを審査を受けた成分を含んでいることの証です。 こう書くと、なんだかとてもいい食品のような気がしてきますが、痩せの人が脂肪がつきにくくなるトクホを飲んでも意味がないように、その人のその人の体質やお悩み、食生活にあわせたトクホを摂取しなければ意味がありません。 加えて、多量摂取により病気の予防効果が高まったり、病気が治るわけでもありません。 目安量や摂取の方法を守らなかった場合には、下手をすれば過剰摂取による害があるケースもあります。 トクホだから安心、トクホだからたくさん摂ってもいいや、などと安易に考えて摂取し続けると、思わぬ弊害をもたらす可能性もあるのです。 トクホに似ていてちょっと違うのが、「消費者庁許可個別評価型病者用食品」です。 これは、特別な用途に使用する食品のうちで、特定の疾病のための食事療法上、医学的、栄養学的に効果が期待でき、その根拠も明らかにされている食品であるとして、消費者庁が許可した食品です。 薬局に行くと、この表示がある経口補水液「オーエスワン」がおいてあるのを見かけます。 オーエスワンは脱水状態にある患者が飲用するために作られた清涼飲料水で、健康が気になる普通の人を対象にしているトクホとは違うものなのです。 うちの父親が、体は至って健康なくせに、「オーエスワン」が気に入って毎日のように飲んでいるのですが、本当はあれはよくないのですね。

Copyright (C) 増えていくトクホってちゃっと知ってる?. All Rights Reserved.